あさい内科医院
当院の内視鏡検査
こちらをタップすると電話がつながります
当院のご案内
胃内視鏡検査
大腸内視鏡検査
ピロリ菌検査
肝臓外来
特定健診
健康診断
企業健診
予防接種
問診票(初診)ダウンロード
問診票(再診)ダウンロード

施設案内

経験豊富な医師による技術と、先進のNBI(狭帯域光観察)内視鏡システムで、苦痛の少ない内視鏡検査をご提供します。
当院では最新の拡大内視鏡を用いて、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を実施しています。
胃内視鏡検査に関しては鼻からスコープを挿入することもできますので、喉のつらさを大幅に抑えることができます。
特徴1

できるだけ苦痛を抑えた内視鏡検査

当院は、痛みやつらさをできるだけ感じさせない内視鏡検査を追求してきました。
そのために鎮静剤を用いた経口内視鏡検査や経鼻内視鏡検査を実施しております。
特徴2

最新の設備導入

オリンパス社の内視鏡システムや内視鏡スコープを導入していますので、精度の高い検査が実現可能です。当院で使用しているこれらの機器、ハイビジョン画質や、粘膜の毛細血管や微細模様を強調することができる狭帯域観察機能がついているため、通常の内視鏡では見つけることが難しい小さな病変も発見しやすくなっています。
また、100倍の倍率を持つ拡大内視鏡も使用しているため、その場ですぐに腫瘍の悪性/良性の判断がしやすくなります。
特徴3

大腸ポリープの日帰り処置

地域の医療機関で大腸内視鏡検査でポリープを発見した場合、そのまま大きな病院に紹介するところがほとんどですが、当院では特に大きなものを除いてその場で切除することができます。
そのため、紹介先の病院で再び下剤を飲んで検査を受ける必要がなくなり、時間的、身体的、経済的に患者さんの負担が少なくなります。
もちろん大きなポリープが見つかった場合や、入院して追加の治療が必要な場合には、しかるべき医療機関に紹介させていただきます。
特徴4

明確な検査結果の提示

内視鏡検査を受けられた後は、画像をお見せしながら結果について丁寧にわかりやすくご説明させていただきます。
特徴5

ピロリ菌検査の実施

当院ではピロリ菌検査も実施しています。
ご希望の方は胃内視鏡検査と一緒にピロリ菌検査を受けていただき、必要に応じてお薬での除菌をすることができますので、お気軽にご相談いただければと思います。
なお、内視鏡検査で胃炎や胃潰瘍を確認することで、ピロリ菌の検査や除菌は保険適応となります。
なお、当院では、日本ヘリコバクター学会ヘリコバクター・ピロリ感染症認定医が一連の検査や治療を行います。
特徴6

徹底した衛生管理

内視鏡検査機器の洗浄や消毒が不十分ですと、細菌やウイルスに感染してしまう恐れがあります。
そのため当院では学会のガイドラインに則った衛生管理を徹底しており、内視鏡は専用の自動洗浄機で洗浄と消毒を行っています。
また、それ以外はできるだけ使い捨てのものを使用して、院内感染防止に努めています。

当院で施行可能な内視鏡検査

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

スコープを十二指腸の途中まで挿入して、十二指腸珠部、胃、食道と抜去しながら観察します。

  • 口からと鼻からの違いについて

    ・経口内視鏡(従来の胃カメラ)

    ・経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

内視鏡を肛門から入れて盲腸まで到達した後、抜去しながら観察していきます。
腸内をきれいにするために、当日午前中に下剤を服用していただいて、午後に検査をします。
腹部の手術歴のある方で、痛みの訴えの強い方には適宜鎮静剤を使用して苦痛を和らげます。

NBI拡大内視鏡について

当院では上部、下部ともにNBI拡大内視鏡を用いて詳細な観察が可能です。

カメラの違いについて

ここでは経口(口からの胃カメラ)、経鼻(鼻からの胃カメラ)について、それぞれの違い、メリット、デメリットを解説したいと思います。
当院では、患者さんと相談しながら、それぞれにあった最適なやり方を選択しております。

経口内視鏡(口からの胃カメラ)

従来どおりの方法です。スコープを口から挿入するため、嘔吐反射が出やすく、人によっては苦しい思いをしたことがある人もいるかと思います。
当院では、嘔吐反射の強そうな若い方や、以前胃カメラを飲んだけど苦しかった、でも鼻からはちょっと怖いといった方には、ご希望に応じて鎮静剤を投与して、半ば眠った状態で検査を受けていただくことが出来ます。
当日は車の運転などは出来なくなりますが、比較的苦痛の少ない方法です。

口からの胃カメラのメリットは、スコープが太い分レンズも大きくカメラとしての性能がよい点が挙げられます。
特にズーム機能を使った拡大内視鏡は口からの胃カメラでのみ施行可能です。
また、観察がしやすいため、検査時間が短くてすむといったことも利点の一つです。

経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)

口からの内視鏡より細いスコープを鼻の穴から挿入して観察します。
細いことに加え、喉に対して接線方向(水平)に挿入するため、嘔吐反射が出づらく、口からの胃カメラと比べて苦しくないとおっしゃる方がほとんどで、鎮静剤を使用することもほとんどありません。

デメリットとしては、レンズが小さい分、若干観察がしづらく、検査の時間が長めになること、拡大内視鏡が使えないことなどがありますが、通常の健診、スクリーニング用としては十分な性能を備えています。
カメラの違いについて

NBI拡大内視鏡について

NBI拡大内視鏡について

当院の内視鏡システムは胃カメラ、大腸カメラとも、オリンパス社の先進のNBI拡大内視鏡を採用しています。

NBIとは挟帯域光観察(NBI=Narrow Band Imaging)のことで、違う波長の光を組み合わせることで、通常光では観察できない、粘膜表面の微細な血管を描出します。
これと拡大(ズーム)機能を組み合わせることで、早期がんの表面に出来る血管のわずかな変化をとらえ、早期発見につなげることが可能です。
光の波長を変えて、カメラのズーム機能を使うだけですので、当然身体的負担はありません。
通常光観察通常光観察
NBI観察NBI観察
通常光通常光
NBINBI
通常光(拡大)通常光(拡大)
NBI(拡大)NBI(拡大)

内視鏡検査を受けられる方へお願い

  • ・前日のアルコールは控えましょう。
  • ・当日はゆったりとした服装でお越しください。
  • ・当日は朝ごはんは食べないようにしましょう。コップ1杯程度の水はかまいません。
  • ・糖尿病、高血圧等のお薬を飲んでいる方は、事前にご相談ください。

胃内視鏡検査の流れ

1)ご予約

まずは事前に状況をお伺いする必要があるので、受診してください。(予約不要)
なお、詳しい状況を聞いて安全に検査を行う為、また行き違い防止の観点から、お電話での予約は承っておりませんのでご了承ください。

2)事前診察

健康状態を確認させていただき、検査に関する事前準備の説明をします。
当院では検査精度を高めるために経口内視鏡をお勧めしておりますが、どうしても口からの挿入は抵抗があるという方はお申し出ください。
鼻からの経鼻内視鏡でも検査可能です。

3)準備

検査前日は消化の良いものを食べ、21時以降は飲食を控えてください。
ただし、お水は飲んでいただいてかまいません。

※お薬を飲んでいる方は、事前診察の際にご相談ください。

4)検査当日の朝

当日の朝は食事をせずにお越しください。お水は飲んでいただいてかまいません。

5)ご来院

胃の中の粘液を取り除くお薬を飲んでいただき、経口の方は喉の、経鼻の方は鼻の麻酔をします。

6)検査

胃内視鏡検査を実施します。検査時間はおよそ7〜8分です。
胃内視鏡検査の際に検査用に細胞を採取することがあります。

7)検査後

検査結果をご説明します。
喉の麻酔が切れるまで、1時間程度は飲食を控えてください。

大腸内視鏡検査の流れ

1)ご予約

まずは事前診察の日時と内視鏡検査の日時を決めますので、診察を受けて下さい。

※なお診察は予約制ではありませんので、診察を受けていただきご相談の上大腸内視鏡検査に進んでいただくこともできます。検査をお受けになるかどうかは患者さんがお決めいただいておりますので、ご安心下さい。

2)事前診察

大腸内視鏡検査の場合も検査日とは別日に事前に診察が必要となりますので、一度来院下さい。健康状態を確認させていただき、検査に関する事前準備の説明をします。

3)準備

検査前日は専用の検査食を食べ、21時以降は飲食を控えてください。
ただし、お水は飲んでいただいてかまいません。

※お薬を飲んでいる方は、事前診察の際にご相談ください。

4)検査当日の朝

当日の朝は食事をせずにお越しください。お水は飲んでいただいてかまいません。
検査の数時間前から下剤を服用していただきます。

5)ご来院

検査着に着替えていただき、腸の動きを止める注射をします。

6)検査

大腸内視鏡検査を実施します。検査時間はおよそ10分から15分です。
大腸内視鏡検査の際にポリープが見つかった場合には、状況に応じて切除します。

7)検査後

15分から1時間程度、院内で休んでいただき、その後に検査結果の説明を致します。
  • 当院のご案内
  • 胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • 肝臓外来
  • 特定健診
  • 健康診断
  • 企業健診
  • 予防接種
  • 問診票(初診)ダウンロード
  • 問診票(再診)ダウンロード
INFORMATION
診療時間/  
月火水金 9:00~12:00
15:00~18:00
9:00~13:00
休診日 /

木曜・土曜午後・日曜・祝日

CONTACT
TEL.044-933-8877
ドクターズファイル
内視鏡サイト
多摩区ドクターズ
PAGE TOP
  • あさい内科医院
  • 〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸538
  • TEL:044-933-8877